ロジックラボ for kids

ロジックラボfor kidsは小学生からはじめるプログラミング教室です。 Scratchを中心としたゲームプログラミングの情報やゲーム・アルゴリズムを紹介します。

タグ:中級者

今回は、よけゲーのなかでもユニークな
ロープにぶらさがっているキャラを動かしながらふってくる大岩をよけるゲームをリミックスします。

~Rope Slide 2~ v1.0
https://scratch.mit.edu/projects/28478704/
WS0009
キャラが棒人間なのに、めっちゃかわいいです。
リンク切れの場合はこちらからリミックス

Aで左に、Dで右に動きます。
キャラを動かして、再生ボタンのうえでWを押すとゲームスタートです。

ちゃんとロープが重みでしなるところも細かいですし
慣性がはたらくようにつくっているので、かなりむずかしいです。
「天候を変える」ボタンの上でWを押すと、氷のステージが楽しめます。

さて、このゲームをリミックスして
オリジナルのステージをつくりましょう。 
「中を見る」ボタンをおして編集画面にはいったら「リミックス」ボタンを押しましょう。


↓↓続きを読む↓↓ をご覧ください 
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

今回はリミックス特集第1弾です。
ハイクオリティな作品をリミックスして、オリジナルのステージを作りましょう

リミックス元の作品はこちら
One Line Scratch
https://scratch.mit.edu/projects/68248124/ 
WS0007

★Shiftキーを押しながらを押してターボモードで遊びます。
ゲームが始まったら、スペースキーでステージが遊べます。


スタートからゴールまで、すべてのマスを一筆書きするゲームです。
○がスタート・×がゴールです。
○をドラッグするとラインが引かれます。

シンプルなゲームですが
直感的にあそべますし、戻るとちゃんとラインが消えるなど
細かい部分までつくりこんであります。

今回のゲームは、中をみると、とてもフクザツに見えますが
ステージはカンタンにリミックスすることができます。

↓↓続きを読む↓↓ をご覧ください 
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

今回は、Scratchでひみつの暗号を作る方法を紹介します。
暗号化することを英語で「Encrypt」
暗号化した文字をもどすことを「Decrypt」といいます。

暗号化した文字を、友達にわたして、Decryptしてもらえば
ひみつのメッセージがやりとりできますね。
オリジナルの暗号をつくってみましょう。

今回紹介するのはこちら
https://scratch.mit.edu/projects/14106085/
WS0001
 
 を押すと、暗号化するか、戻すかを聞かれますので
暗号化するときは「e」 暗号を戻すときは「d」と入力します。
エンターキーかチェックボタンを押します。

つぎに
eを押した時は「暗号化したい文字 i love you など」を入力します。
(アルファベットのみです)
すると「Encrypt Message(秘密のメッセージ)」の部分に
暗号化された文字が表示されますので
この文字をコピーして、暗号を渡したい人に伝えましょう。

dを押した時は 「ひみつの暗号」を入力します。
暗号を入力してエンターを押すと
「Decrypt Message(暗号解読)」の部分に
解読した暗号が表示されます。 

説明が長くなりましたが、これを元にオリジナルの暗号プログラムを作ってみましょう! 
「続きを読む」をごらんください。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

こんにちは
今日はScratchで箱庭ゲームを作ってみましょう。
箱庭ゲームとはSimCityのような世界を見守るゲームのこと。
どんな世界にするのかはあなた次第です。

今回はこちらのゲームを参考にします。
Pixel Town Remaster
WS0011

見た目はこちらのようにナナメでもいいですし

Pixel Village
WS0014
 
こんな感じで横向きでもいいですね。
デザインはお好みで考えてみて下さい。

それでは Pixel Town Remasterのほうを「中を見る」で
スクリプトなどを確認していきましょう。 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ