以前、日本語のテロップをScratchでキレイに表示するために
FireAlpacaを使った作り方を紹介しましたが
インストール不要で使える、オンラインエディタがありましたので紹介します。

WS0000

pixlr オンラインフォトエディタ
http://apps.pixlr.com/editor/

オンラインエディタの使い方は、「続きを読む」からどうぞ

タイトル画像を作ってみよう

せっかくなので、今回はテロップではなく 日本語のタイトル画像を作ってみましょう。
WS0015
サイトに移動すると、このような画面がでますので
「新しい画像を作成」をクリックします。

WS0016
画像のサイズを選びます。
Scratchの画面サイズは480*360なので、幅と高さの欄にそれぞれ入力します。
透過pngを作りたいので、「透明」にチェックを入れます。

WS0019
画面左の「ツール」の中から「タイプツール」を選びます。

WS0018

タイプツールを選んだ状態で、文字を描きたいところをクリックすると
テキストを入力するウィンドウがひらきます。
この「テキスト」の部分に、ゲームのタイトルを入れてみましょう。

フォントは▼ボタンを押すとあなたのパソコンに入っているフォントから選べます。
サイズも▼ボタンで変えられます。
「色」をクリックすると
WS0020
色を選ぶウィンドウがひらくので、円の中の好きな色をクリックして選びましょう。

全部設定を入力したら、「OK」ボタンを押しましょう。
あとで変更したくなったときは、書いた文字をクリックすると
おなじウィンドウがでて編集できます。

レイヤー効果を使ってみよう

お手軽に文字をカッコよくする「レイヤー効果」を使ってみましょう
画面右にある「レイヤー」のウィンドウから
さきほど作った文字を選んで「右クリック」して下さい。
WS0021
「レイヤースタイル」というメニューが出てくるのでこれをクリックして下さい。

レイヤースタイルのウィンドウがひらきます。
ここで適用させたい効果にチェックを入れると、その効果をつけられます。

ドロップシャドウはこんな感じ(文字の外側に影がつきます)
WS0022


内側のシャドウはこんな感じ(文字の内側に影がつきます)
WS0023

べベルはこんな感じ(文字が立体的になります)
WS0024

アウターグローはこんな感じ(文字の外側にボヤーっと色がつきます)
WS0025
白背景の時は、濃いめの色
黒背景の時は、薄い色 というように使い分けてみて下さい
(黒背景で使うと、発光しているように見えます)

内側のシャドウと合わせて使うとこんな感じになります。
WS0026

インナーグロウはこんな感じ(文字の内側にボヤーっと色がつきます)
WS0027
これも黒背景で使うと、発光しているように見えますね。

アウターグローとインナーグローを組み合わせると
ネオンのような文字もつくれます。
WS0028


まとめ

どうでしたか?レイヤー効果を使うと、けっこうカッコよくなりますよね。
色々な組みあわせを試してみて、あなたのゲームにピッタリのタイトルを
作ってみて下さいね。

この記事がよかった!という方は「B!」ボタンや
こちらのボタンを押していただけると元気がでます!